不動産購入までの流れ

①  物件を内見しましょう

売却の流れ

まずはホームページや新聞広告、物件情報誌などで見つけた物件を内見します。
間取りや日当たりだけでなく、水回りの使い勝手や周辺でのスーパーなどの利便性、道路の状況なども確認しましょう。
夜の周辺の雰囲気なども確認した方が良いかもしれません。

② 住宅ローンの審査を行いましょう

売却の流れ

購入希望の物件が見つかったら、住宅ローンの審査を行いましょう。
当社のスタッフは住宅ローンの内容にも精通しており、お客様に最適な金融機関や月々の支払いシミュレーションなども提案致します。
住宅ローンは事前審査と本審査の2段階に分かれており、この段階では事前審査を行います。
通常は2~3の金融機関で事前審査を行い、最終的には、一番条件の良い金融機関を選びます。
当社では主な金融機関の事前審査書類を準備しておりますので、当社にご来店いただければ複数の金融機関をまわらなくても大丈夫です。

必要書類

運転免許証(身分証明書)、健康保険証(社保の場合)、源泉徴収票コピー、物件資料(当社で準備致します)、認印

 

③ 売買契約を交わしましょう

入居の流れ

住宅ローンの事前審査が通りましたら、いよいよ売買契約を交わします。
売主様・買主様や当社担当者が同席し、まずは物件内容や売買条件などが記載された重要事項説明書を確認して説明を聞いて頂きます。
重要事項説明書の内容についてご理解頂けましたら、売買契約書を確認して、契約締結を致します。

必要書類

運転免許証(身分証明書)、認印

 

④ 住宅ローン本申込~金消契約

売却の流れ

売買契約締結後、事前審査の結果から一番条件が良い金融機関を一つ選び、売買契約書などの書類を持参して、住宅ローンの本申込を行います。
本申込みの段階では、売買代金や諸経費、リフォーム費用など、住宅購入に関する全ての費用を確定させて申込みますので、それまでにリフォーム見積もりなどを終わらせておきます。
無事、本申込みが通ったら、借入する金融機関との間でお金を貸し借りする契約、金消契約(金銭消費貸借契約)を締結します。その際は、登記の関係上、新しい物件の住所に住所変更をしてから新住所で契約しますので、住宅ローン本申込みが通ったらその時点で先に住所変更手続きを行います。

必要書類

売買契約書、重要事項説明書、登記簿謄本、測量図などの図面類(いずれも当社よりお渡しします)、身分証明書、
印鑑証明書、住民票、認印、実印
※印鑑証明書、住民票については金融機関や融資条件などにより必要枚数が変わりますので、ご確認ください。

 

⑤ 売買代金お支払い、物件引き渡し

売却の流れ

売主様、買主様が、代金支払いやお引渡し等の準備が全て完了致しましたら、売買代金をお支払い、物件のお引渡しを行います。その際は、住宅ローンを借入する金融機関に、売主、買主、当社担当者、司法書士など、全ての関係者が集まって手続きを行います。売主様引越しなどがある場合は、売買契約から代金支払い・物件引渡しまで2ヶ月程度期間があく場合がありますので、ご注意ください。

登記書類の記入が終わり、不備が無いことを確認した後、それぞれの支払い先へ必要代金を支払い、売買が完了となります。

必要書類

運転免許証(身分証明書)、通帳、銀行印、認印、実印、売買契約書類

 

⑥ リフォーム着工~お引越し~

売却の流れ

購入時にリフォームを行う場合は、物件引渡しを受けてからの着工になります。
リフォーム業者との打合せなど、何かとお忙しいですが、あともう少しです。

お引越しの際は、学校やお勤め先、町内会など色々届け出をする必要がありますので、お忘れにならない様、ご注意ください。